美味しくないインスタントコーヒー

美味しくないインスタントコーヒーを買ってしまった

先日、あんまり美味しくないインスタントコーヒーを買ってしまったのですが、
一瓶買ってしまったので最後まで飲まなければなりません。

 

不味い!!と一蹴して、ゴミ箱に投げ入れる根性と金銭的余裕が無いので、
まずくても我慢して飲み続けなければならないんですが、
もし金銭的に余裕があったら
確実にいつもの美味しいインスタントコーヒーを買って来たに違いないのです。

 

では、どうしてそのコーヒーを買ってしまったのかと言うと、
普段は美味しいコーヒーを提供してくれているお店のコーヒーのブランドから
出されているインスタントコーヒーだからそんなに不味い筈が無い?
と言う予想だけで買ってしまったのですが、
予想を裏切って全く味わい深くない〜ちょっとローストし過ぎの
コーヒー豆の様な味しかしないコーヒーだったのです。

 

これは・・・このまま最後まで消費し切れるか自信が無い・・・
と思っていたんですよ。

 

買って来たばかりの時は、しかし、根っからの貧乏性と、
もしかしたら毎日飲み続けていれば慣れるんじゃないか?
と言う実験魂のお陰で、そのコーヒーは捨てられずに済んだのです。

 

でも、最初のうちはですね、
ローストし過ぎのコーヒー味が口の中いっぱいに広がる事に
なかなか耐えられなくて、何度も吐いてしまう程だったんですが、
最近やっと吐かずに耐えられる様になったと言うか、
これはこれでもありなんじゃないか?
と言う位にまで妥協出来る強靭な舌を手に入れた気がします。
と言う事で、あまり美味しくないコーヒーとの付き合い方は、
何度も飲んでいるうちに慣れるのがベストと言う事になりました。

 

最初の一口目は確実に即刻ゴミ箱行きの予定でしたが
そんな事も無く、今は普通に口直しにコーヒーと言う感じで
飲み続けています。
と言う、人間の貧乏性と言うか妥協する力のすさまじさに敬意を表したいです。