馬鹿と言っても色々ある

ただ馬鹿やってるだけの人と生粋の馬鹿の人との見分け方

我が家には、生粋の真の馬鹿だと思われる人がいるので、
普段は普通の人なのにたまたま馬鹿やってる人とか、
テレビでバラエティ番組で馬鹿ばっかりやってるメンバーが実は、
そんなに馬鹿じゃない事を見分ける能力が高いかも知れません。

 

普段は真面目なのに時と場合と場所によって
馬鹿に変貌するタイプの人は、自分がやっている馬鹿の種類を
わきまえている人で、どのタイミングで馬鹿をやっていいのかを
知っているからこそ!の馬鹿な状態なのです。

 

なので、そう言う人の馬鹿な状態は必ずしも本当に馬鹿なのでは無く、
あくまでも計算された馬鹿なので、本当はかなり頭を使っていて
頭の良い人と言う事になるのです。

 

または、芸として馬鹿を使っている人もたくさん居ます。
特に芸人さんと呼ばれる職業の人ですが、
半数以上の人はは確実に自分たちの馬鹿な芸風を
計算してやっています。

 

今やるべきとか、このタイミングでとか、或いは、
最初から終わりまでとかを全て計算して馬鹿をやっているので、
彼等の馬鹿は本当は実によく仕組まれた構築された世界の上に
存在する馬鹿と言う事になるのです。

 

我々は、その構築された馬鹿な世界の中で踊らされているので、
実は視聴者の方が馬鹿になっている可能性が高い!
と言う事を言わざるを得ないのです。

 

では、我が家にいる生粋の真の馬鹿と言う存在は
一体どんな状態なのかと言うと、一言で言うのは大変難しいのです。

 

例えば、木や草は葉っぱの色が緑色をしています。
何故緑色をしているのかと言うと、太陽光はプリズムなどで
分けると7色の光で構成されている事が分かります。

 

その・・・

 

時間がなくなってしまったので続きはまた今度。